ウォシュレットを交換することになったら

ウォシュレットのパーツはメーカーから購入

ウォシュレットのパーツはメーカーから購入 ウォシュレットにトラブルが起こった場合は、その原因を突き止める必要があります。
原因としてパーツが劣化していて、交換するだけで本体は問題なく使えそうだという場合は非常に多いです。
不要な本体の交換で無駄な出費を回避することができます。
この場合はメーカーに問い合わせることが最も確実です。
ウォシュレットの型番をメモして電話で問い合わせるとすぐに対応してもらえますし、どれを購入すれば良いのかはっきりしている場合は公式サイトから直接購入すると良いでしょう。
ただし注意が必要なのは、古い型番のウォシュレットのパーツの場合、製造が中止になっていることがあるということです。
その場合は互換のきく品番を案内してもらえますので、ネット上で時間をかけて探さず電話で相談すると早いです。
互換品もない場合は、本体の買い替えの案内となる可能性もあります。
もし自己判断で他のサイトから購入した場合は合わずに無駄になってしまうこともありますし、他の故障を引き起こす可能性も否定できません。
メーカーの案内のもとに送ってもらった方が確実で安心です。

ウォシュレットのパーツはどこから劣化することが多いのか

ウォシュレットのパーツはどこから劣化することが多いのか ウォシュレットのパーツというと使っていく上で必ず劣化してくる箇所があります。
その部分を定期的に交換することで長持ちさせられますから、必ずどんな状態なのかを調べて行きましょう。
まず一番故障が多いのがノズル部分と駆動部分です。
ノズルとそれを動かすユニットが該当し、壊れたまま使い続けていくともう二度と使うことが出来ないという事態にも陥ってしまいます。
ウォシュレットはノズルが詰まった場合には交換してくれることが殆どで、メーカー側に問い合わせるか、保証期間ならば有償あるいは無償修理にて対応してもらうことが可能です。
これにより長きにわたって使えるようになるので、不調があった時にはなるべく早い段階で直すように心がけていきましょう。
ウォシュレットのパーツの中でも次に劣化しやすいのが水道管とつながっているユニットです。
毎日水を送り込んでいるので、裂け目が出来たり穴があいた時にはこれらも同様に交換をするタイミングとなります。

新着情報

◎2018/8/28

ウォシュレットのパーツの購入方法
の情報を更新しました。

◎2018/7/31

サイト公開しました

「ウォシュレット メーカー」
に関連するツイート
Twitter