ウォシュレットパーツの素材

ウォシュレットパーツの素材

ウォシュレットパーツの素材 トイレの便器は、例外を除いてほとんどが陶器でできています。これは頑丈さと経年劣化に対する強さから選ばれています。そしてウォシュレットパーツは、基本的にプラスチック製です。トイレの便器に関係する部分なので、陶器で出来ているのではないかとも思われがちですが、まずその必要がないだけでなく、かえってデメリットとなりかねません。
ウォシュレットの役割は、用を足した後にノズルを伸ばして水を放出することです。強めに水を放つと言ってもその負担は高が知れていることなので、特別頑丈であることは求められません。もし陶器で作ってしまうと、ノズル自体が重たくなってしまいます。そうなると動かすモーターの負担が大きくなってしまいますし、連結部分の劣化が早まる結果になります。以上のことから、軽くて程良い柔軟性を持ったプラスチックが素材として採用されています。
ただウォシュレット事情は日々進歩していることなので、プラスチックよりも向いている素材が現れる可能性があります。

ウォシュレットのパーツをセルフで交換したい時

ウォシュレットのパーツをセルフで交換したい時 セルフでウォシュレットのパーツを取り付ける場合、まずは工具があるかを確認しなければなりません。必要なのはプラスドライバーやスパナ、便座締付工具であり、モンキーレンチやウォータープライヤーもあると便利です。
手順としては、トイレタンクの横についている止水栓を締めて、流してみて実際に止まっていることを確認します。次に工具を使用して既存の給水管を取り外し、止水栓をしっかりと抑えながらウォシュレット付き便座付属のパッキンを間にはさんで分岐金属を取り付けます。・フレキシブル管を取り付けたら締め付け工具を使って既存の便座を外し、便座取り付け穴にゴムブッシュを挿し込んでベースプレートネジで固定したら、用意しておいたウォシュレット付き便座をベースプレートに挿し込んで完了です。
あとは給水ホースを接続したり、電源プラグを差し込んで電源を入れればすぐに使用できます。上手くできているかを確認するために一度試運転をし、水漏れがないかもチェックします。

新着情報

◎2018/11/16

ウォシュレットパーツの素材
の情報を更新しました。

◎2018/8/28

ウォシュレットのパーツの購入方法
の情報を更新しました。

◎2018/7/31

サイト公開しました

「ウォシュレット 電源」
に関連するツイート
Twitter

返信先:@ginnodragon他2人 でも、ぬくぬくしたいですぅ〜😭 うちの母、極度の節約家だからウォシュレットも使えない…(電源切られてるからw) 貼るやつ可愛いの割とありますよね^^

正直ウォシュレット電源いれてるのも無駄だと思う 一個だけでいいよ、いつも使うとこ決まってるし

#子供の頃怖かったもの ウォシュレットとかのヴィーンっていう電源音 そのせいで家ではウォシュレットOFF 他人の家では便座に座れなかった

ウォシュレット #子供の頃怖かったもの 電源が入ってるとすごく嫌がってた…理由はわからんw pic.twitter.com/yBQEzh3GR7

連日ホント寒くて、トイレのウォシュレットも温水にしたし、便座も保温にしたし、更にトイレのヒーターも電源入れるようになったし、ストーブは着けてるしで、今から来月の電気代灯油代が怖い…でもこれしないと水道凍結しちゃうからなー( ・᷄ὢ・᷅ )

ウォシュレットの「止」ボタンが壊れ、あぁ私はここから動けないのかと悟り開きかけた (天才なので電源ボタン切って事なきを得る)

ウォシュレットが壊れて使ってない時もずっと動き続けてたのでもうコード抜いた…電源落としても止まらなくてこわかったww今年の冬は便座冷たいままや…

Twitter🍣🦀ぴか✨😇@p_q__

返信 リツイート 昨日 8:20

ウォシュレットが動かないと思って調べたら、急な温度低下で安全装置が働いて出なくなる時があるとかなんとか。電源抜いて数秒後に差し直したら動くようになった。

水道管と下水管とウォシュレット電源が通ってないからNG

💩でウォシュレットの有無を確認して急いで用を足しいざ洗浄しようとしたら電源入らなかった時の負の感情で魔法少女なれると思うしよく見たら壁に張り紙されててワルプルギスの夜になるとこだった。 pic.twitter.com/0d4Fn8kazX